牛乳 ささきあつし


by swoc

カテゴリ:おもったこと( 14 )

なみだでる

b0040798_23265768.jpg

石巻市門脇地区の日和山公園東側
泥掻きのあとにここに立った
涙が出てきた

僕がボランティアに行く理由は
美化することなく言うなら被災地への
好奇心や正義感の押し付け
関西風に言う”ええかっこしい”
様は自分のためということがはっきりとあります
ですがこれをただ否定的にだけ言えるでしょうか

僕の近くに
「助けて欲しい」
という人がいるのだったら
「助けに行きたい」
そういう気持ちになり行動へ

その行為は自分自身の糧
それが他人の喜びになりはしませんか

被災地での作業は正直怖いですよ
でも
現地には現地で知って欲しいことがたくさんあります
余裕のある方
僕らと被災地に行きませんか

追記
ボランティアについてはここを参考に
タノさんのボランティア用ページ http://tanonteer.taigart.com/

今一歩踏み出せない人はここ見てみて
メディアテークの試み_http://www.smt.jp/thinkingtable/
[PR]
by swoc | 2011-05-11 23:54 | おもったこと

つらくなっちゃった

twitterやめました
なんて言ったら言いか
自分が冗談で言っている「正義は勝つ!死人に口無し」
冗談を越えてリアルにが突き刺さって
正義などたかが人の傲慢を人に良かれと貫けた産物
言ったもん勝ちで少数派の意見など許容してくれる余地はない
自由な言論は強い言論に淘汰される
いじめの構造にそっくりだ

僕は僕の周りと比べると違う側面がある
他には他の妥当性がある
互いに感情的で言いっぱなし空間じゃお手上げ
どちらも僕の中ではあると思うけど簡単には相容れない

僕と議論するつもりなら受けるが
ただ論破するだけの方なら議論は無意味ですから
僕が軽蔑するデモ活動でもどうぞどうぞ

ごめんねTwitterのフォロワーの皆さん
[PR]
by swoc | 2011-04-20 22:52 | おもったこと
b0040798_0473114.jpg

今日(訳あって)昼間っからビール飲みながらした話で
僕が小学校の6年間ランドセルに次ぐカバンとして手提げカバンに
ハローキティのカバンを使っていたことを期せずして思い出した

絶対僕はいやだったはずなんだけど
ハローキティの手提げカバンをランドセルに入りきらなかった荷物を入れてた
それも小学校の6年間
その道のりは決してまっすぐな道でなかったはず

親にもらった手前だし
当時の僕の家庭には余計なお金はないし
手提げは何らかの学校行事に使わざるを得ないし
そのカバンと僕のコンビは船出からギクシャクしてた

親に見つからないように
プリントされたキティをクシャクシャにしたり
床にたたきつけたりしてたりは泣き

自分でも自覚があるのにもかかわらず
同級生から女々しいとからかわれ
僕ごと校庭の砂まみれにされたりしては泣いてた

僕とキティの出会いはランドセルの特売会
(多分もう無くなったイベントホール松栄or勝山or黒松)
買うとタダで付いてくるのが手提げカバン
僕が親の手を引かれて買いに行ったときにはすでに
男児用の手提げカバンはもう無くて女児用のみ
そこで一番男の子でも使える色を妥協の上に選んだのが
ハローキティだったの

高学年に入りくたびれてきたハローキティ
取手は手の垢がにじみ黒くテカテカして
角に打ち込まれたリベットも錆びて
深い紺色だったのナイロンの生地もほころんできてた

何の感情だろうか
そんなハローキティにここまで冷たくしてきた僕に付き合ってきてくれ
カバンの上で手ふってくれる彼女に申し訳ない気持ちになったか
せめて卒業までは使ってやろうって
どうせ針の筵の奇異の目にでんと座ってやり過ごしてた

そう思って
中学にあがるときに小学生の思い出をダンボールに詰め込むまで
隠れた蜜月だったかも
柄にもないけど
ハローキティことキティ・ホワイトありがとう

急に昔のことを思い出すのは脳科学的には退化してる所為だそうです
どうしましょうか?
[PR]
by swoc | 2010-06-20 01:39 | おもったこと

いいネタ見っけ

僕らの未来はどうなんだろう?
そんな時
理系の未来の話はおもしろいここの記事にある知っとくサイエンスは凄く簡単に説明されいます
生体コンピュ-タやバイオ技術の情報技術利用とか
むやみに想像力を掻き立てられるわウフ

・血液の糖分つまり血糖を燃焼させて燃料電池に(最新号の為WEB公開は遅れます)
・細菌の情報処理能力
・細菌の塩基配列(DNA)に一般情報を記録すれば1000年近く保持できる
とか想像力掻き立てられませんか?
[PR]
by swoc | 2007-06-08 02:09 | おもったこと

自分の仕事跡

b0040798_12252170.jpg
先日の自転車旅行で一関と千厩の間に川崎地区(旧川崎村・一関市に合併)
ここは過去に大規模な道路工事に伴う用地補償の仕事で調査に来たことがある
今ではすべての道路整備が完了し
自分が調査でお邪魔した家は跡形も無く
道路と北上川の河川用地になっていた
b0040798_12255230.jpg

考えるのは
この事業によってこの地域は活性したか
私が算定した補償は地権者にとって十分なものだったか
以前無かった照明まぶしく小綺麗な量販店・道の駅・公共施設・巾の広い国道
潜在的な雇用の創出・地域生産品の消費は動いているようにも見える
第三者の立場で補償金の算定は自分なりに精一杯に誠実な調査算定は行った
でも何も無いその場所に立つと
自分が一生懸命に励んだ功績のなかに後ろめたいものがぬぐえない
多分、地域の人の景観や非補償者の生活の歴史を奪い取った
そんな感じだろうか
[PR]
by swoc | 2006-05-06 12:26 | おもったこと

たまに疲れます

「牛乳です」って紹介されたり
自己紹介したりすると
気のせいか何か「牛乳」という突拍子の無いニックネームに
普通とは違う人物像を
要求されているのでは
牛乳という人格に入れ替わらねばならないとか
たまにギャップを感じる瞬間があったりする
誰かに「こう見てもらいたい」という見栄が
その自分が掲げたテンションを維持できないときに起こる模様

別に自分の中の「牛乳」ってのが嫌いになった訳じゃないのよ
おほほ

久々に特濃の牛乳を飲んだら
b0040798_2358269.gif

お腹がゴロゴロ
胃にもギャップがあるわけね
[PR]
by swoc | 2006-04-27 00:03 | おもったこと

今思えば

ここ最近は過去のチラシなどの整理をしていて
どういうわけか社会人になってからの資料にまぎれて
小学3年生の頃の作文などを発見
当時のことを少し思い出して昔話

土曜日午前中の学校終え家に帰ると
親父から
「何だのその顔は!!」と怒鳴られ洗面所へ行くと
顔に墨を塗ったくられた自分の間抜け面
思い当たる節はあるが本当に塗ったくられたなどとまでは思っておらず
そんな顔で学校から家までの帰路についていたことに
恥ずかしい思いだったが
それ以上に怒りに打ち震え恥をかかされた親父
「それやった奴に電話をかけろ!!!」
嫌がる自分にクラスの連絡網から犯人Sに電話するも
何も言えずまごまごしているとその受話器を親父が取り返し
怒鳴り散らすが
向こうも些細ないたずらのつもりがクラスメイトの親父から
かくも恐ろしい口調で怒鳴られるとは思ってもみず
とっさに嘘を言ってしまった様子
親父はどういうわけか
わが子の話より犯人Sの話を信じてしまい
無実の釈明むなしく
泣きっ面の上に電話口で犯人S謝るという苦渋をなめる事になった
当時の自分としては自分の良い悪いという事より
事態の収拾を第一に思っていたから反面ほっとしていたものの
その直後の昼食
母の茹でた好物の生ラーメンがのびて凄くまずかった記憶がある

今でこそ思うのだが
あの時
親父が自分を信じて犯人Sをボロクソに怒鳴り散らしてしまえば
どんなに嬉しかったか
[PR]
by swoc | 2006-04-20 01:49 | おもったこと

む!

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の
郷土料理(きょうどりょうり)
に宮城県の品数が少ない
なんとかせんとイカン!

・おくずかけ (普段気にしないで食ってたけど名前あったんだ)
・ずんだ餅 (よく存じております)
・あめ餅 (?)
・仙台牛タン (よく存じております)
・はっと汁 (よく存じております)
・はらこ飯 (よく存じております)
・あざら (?)
・温麺 (よく存じております)
・笹かまぼこ (よく存じております)
これ以外
何があるだろか?
[PR]
by swoc | 2006-03-11 14:23 | おもったこと

スラム地域

先日東京の友人が教育現場を視察へ仙台の中学校に来ていて
その夜
ついでに酒を飲みに行ったとき
妙な質問
「●●(仙台市内のとある地域)は何か貧困層の町ですか?」と
中心部とはやや離れているのものの
交通の便も山形県境よりは格段によく
ありふれた工業地帯と農村部が入り乱れる地域のことです
高校にはそこ出身の人いるにはいましたが
聞けばなんでも

給食のあまりをクラスの半分の生徒に配っているとのことで
先生曰く
彼らに給食を配らないと
彼らのは夕飯を食べることができない
とのこと

そのほかで言えば
・無能な先生では「学級崩壊」のにもつながる
 「立ち歩き」が横行

アンケートをとれば
・親との会話
 「月に全くなし」が普通に

・片親もしくは両親がいない生徒が
 30人中20人

その友人が言うには
「荒れている」というが
先生はまともな人
だからといって生徒は
「群れるというわけでなく満遍なく悪だけで
普通に素直な中学生」

つまりは学校以外の環境が悪いことが想像される
そんな地域があることがまずはショックだということことと
これから家庭を構えることが現実味を帯びる私たち世代の不安に
だたでさえ市民の福祉が強く、市民負担が多い仙台市

市民生活度ナンバーワンを目指すと公言する

仙台市長の操られ人形ぶりに
この街の破綻を少なからず見える気がしました
[PR]
by swoc | 2006-02-05 23:53 | おもったこと

旅レポート概論2

「アート@つちさわ」
土沢と言う集落のいたるところに美術展行っているイベントでした
展示作家は与えられた集落を舞台に各々作品を展開していました
参加者形態としては様々で
敷居の低い割には中にはレベルの高い作品もありました

その中でシステム的に評価したいのは
広範囲にわたって町の人の写真を展示していたこと
その写真はアートだけ実に来た人については
土沢の素朴なドキュメンタリーとして面白さの効果だけですが
これは難解な美術の作家と場の提供者も巻き込んだ効果を出していると感じました

その反応なの町の人も慣れないながらも乗り気で
楽しんできた姿勢がよく見られました
まだ過渡期とも初期衝動の期待感が
作家・住民・来場者各々平等というとこで爽やかでした
これからまた動きがあるとしたら全く同じとは行かないはずですが
是否今後にきたしたい

このイベントは皮肉っぽくなってしまいますが
古くなった家屋および土地などが点在しているので
そこに美術展示を有効に展示できている
でもそこに空きテナントがあると思えばチャンスが眠っていて
アートインレジデンス(美術作家の滞在型製作)
これを継続的に行えば交流発生
美術に限らず
地域の食材(きのこが豊富)若手料理人の発掘、勝手な造語に言えば
フードインレジデンス(若手料理人によるスローフード発掘&新食文化開拓)
こういったのが頻繁に起これば
間違いなく地域経済の発展末は過疎化対策に繋がる大計になるのでは
無駄な勘繰りをしてしまいます
(実際言い食文化がこの地域にあると思いますが発掘途上)

「村おこし」という刹那的になってしまった事を
もう一度、都市部と兼ね合いも考え
有る起点において広がっていく気になったもんです
[PR]
by swoc | 2005-11-09 02:16 | おもったこと