人気ブログランキング |

大変おいしゅうございました

昨年の冬に散々「うなぎの旬は冬!食べるのだ!」言ってたわりに
結局一度も食さず冬を越してしまい
この冬こそと今晩行って参ったのが
老舗「大観楼
ここは昨年壁画の作者で私の妻N田(別居中・おさわり厳禁)教えてもらったところ

「うなぎまぶし」が美味いとの事
値段はこの際糸目なんかつけません2100円男気でババンと払いますよ
ビールを飲みこんなことを考えながらうなぎを待ちます
ビールも半分になってきた頃
まぶし君登場
ひょうたん型の弁当箱に薬味・とろろ・御本尊うな重
それにお吸い物・香の物が添付
1うなぎ重として食す
2とろろをかけ食す
3〆はお茶漬けで食す
が順序として設けられていて
私の無駄な自己顕示欲によって戒律を逸脱することなく素直に
茶碗にうな重をよそい順番から

1皮の部位がパリとしてて実がふっくらお手本道理なうなぎ
炭火か電熱調理器で無いと難しいやきかた
こんなに良い焼き加減では食ったこと無し
(やば!今までスーパーのしか食って無いみたいじゃん)
丼物の名店と呼ばれることが多い店は大抵具だけが美味くて米がまずいのが特徴
でもちゃんとご飯も一粒一粒しっかりしてる上に甘みのある米
聞けばササニシキ使用とのこと
ナイスです!

2とろろってうなぎと相性抜群
醤油と薬味ねぎ・ちょこっとわさびをのせずるずるいただきます
これはかなりいけます「うなぎ」「ご飯」「とろろ」すべてが誇張しすぎず
口の中で噛むほどに美味さが混ざり合い絶妙!

3茶を注ぐことで先の1と2に別れを告げなければならない
弁当箱に盛られた、たった一つのうな重をひつの舞台に
一時と休みを与えずそのエンディングに
観客である私もお茶がそそがる部分を中心にうなぎの身を囲むように盛り
薬味のねぎ・わさびを載せ周りに昆布の甘露煮・生姜の漬物を山を築くように
のせお茶漬けに備えます
熱々の緑茶を持った真ん中に注ぎ込み
即かき込みます

最後まで私を飽きさせなかった”鰻まぶし劇場”
その入場料に2100円はボリュームでも味でも安い!!
ビバ大観楼
冬はやっぱり鰻ですよ1

飲んだ帰りでも鰻茶漬け(880円)もあるので
20時ごろ飲みつかれたらぜひ(ラストオーダー20:30)
by swoc | 2006-01-10 23:19 |